--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学生仲間。

2011年04月07日 20:17

以前、日本の韓国語教室で肩を並べていた友人が
この4月から慶熙大の語学堂に留学することになりました。
彼女が到着した先週末、早速待ち合わせをしたのですが、
あまりの嬉しさに道の真ん中で二人で抱き合ってしまいましたヽ(^o^)丿

当時、教室の帰り途 “いつか留学したいね~”と口癖のように
駅までとぼとぼ歩いた日々が、つい昨日のことのよう♪
授業のコースが修了し、あれから3年…。
まさか本当にお互い同時期に留学に来れるなんて…もうなんて嬉しいのでしょう♪♪
もちろん彼女とはウンと年齢が離れていますが、
いつも「언니~(お姉さん)」と言って、仲良くしてくれます。

彼女は以前、高麗大の語学堂に短期留学をしていた経験があるのですが、
今回、私のブログが契機となり、再度の留学に至ったと話してくれました。
ブログを読んでいたら、自分が本当にやりたかったことに気が付いたんだそうです。
そんな風に言ってもらえて、ちょっぴり胸が熱くなりました。


最近、韓国へ留学を考えていらっしゃる方から
たまにコメントやメールを頂きます♪
先月も가나다한국어학원(カナタ韓国語学院)に通っている方から
“ブログを読んでます”とメールを頂戴し、お知り合いになりました。
同じ目標を持っている方達に読んで頂けることを本当に嬉しく思っています。

私のブログ…留学に有益な情報が決して多い訳ではなく、
ともすると、“あっち行った” “これ食べた” なんてことばかり
書いている日も多いのですが (反省(-_-;))
留学を考えていらっしゃる方が、どんな留学生活になるのかなぁと思いを馳せるとき、
ブログを参考に少しでも想像して頂けたら、とても嬉しく思います♪





証明写真を撮りました♪

2011年03月30日 23:55

何かと必要になる証明写真。
留学前に日本で撮影した写真を使っていたのですが、
先日使いきってしまい、本日撮りに行ってきました。
こちらでは、写真をかなり修正してくれるというウワサなので、
帰国前に就職用の証明写真を撮影して帰る留学生も多いんですよ。

私も今後のことを考え、持ってきた一張羅のジャケットを着こみ
毎日通学時に通り過ぎている写真屋さんへ行ってきました。
でも、いざお店に入ってみると、雰囲気もカメラマンのお姉さんも、
なんだかイマイチな感じ…(-_-;)。
そして、出来上がった写真も当然イマイチでした(T_T)。
3万ウォンもしたのに…。


なんだか今日一日、その悲しさをひきずってしまい、
やはりもう一度撮り直そうと決意!!
今回はPCで良さそうな写真店をきちんと探し、夕方再度撮りに行ってきました。
場所は이대역(梨大駅)と 아현역(阿峴駅)の中間。

今回は、きちんとしたカメラマンの男性が写真を撮ってくれ
二人で写真の中から良さそうなものをピックアップ。
その後、写真の修正に入るのですが、これがスゴイ(^o^)丿

私もphotoshop等のソフトは使ったりするのですが
世の中こんなことができるんだなぁと感心しきり。
まず、顔から上と、首から下に画像を分けた後、歪みが無いように
センターを合わせ上下をドッキング。
私は右肩が下がっていて、写真を撮ると如実にわかってしまうのですが、
下がった右肩を左肩と同じ位の高さに、高くしてくれました。
顔にあるほくろやシミを取ってくれるのはもちろんのこと、
まゆ毛の左右の位置を合わせたり、顔全体や鼻が少し小さくなったり、
充血で血走ってる目を澄み切った目にしてくれたり、
髪の毛が増えてたり、濃くしてくれたり等々…。
もう話し出すとキリがないくらいです。

そして出来上がった写真…。
自分で言うのも何ですが、すごく綺麗な女の人になっていました(-"-)。
カメラマンの人も「ふふっ。綺麗でしょ」と満足そう。 もちろん私も大満足です♪
画像データを頂いた他に、写真も15枚焼いてもらって2万5千ウォン。
すごく安いと思いました。

これから証明写真を取られるご予定のある方、
ソウルに旅行でいらした時に撮影されると良いと思います。
オススメ♪♪


しかし…
これって本当に証明になるんでしょうかねぇ。





今日の出会い。

2011年03月25日 19:39

今日出会った夕暮れが綺麗でした。


DSC03146_convert_20110325192736.jpg


空に光る下弦の月。





韓国の物価高。

2011年03月07日 23:53

韓国の物価高は新聞やニュース等で報じられていますが、
韓国人に比べれば、留学生の私達にとっては、
正直そんなに切実に感じる機会というのは少ないもの。

食堂に行ったとき、お肉の値段が上がってたり、
値上がりはしていないものの、確実に量が減ったのを見るとき、
”あ~物価高なんだなぁ”と、実感するくらい。
昨秋の白菜の価格高騰ほどでは無いものの、
白菜キムチが、マカロニサラダ(こちらでは本当にマカロニサラダが多い)に
変身した食堂も多々あります。

新聞によると、口蹄疫の影響で既に1月下旬の豚肉(三枚肉)の小売価格は、
昨年11月末に比べ10・1%も上昇したとのことです。
また、本日夕方のニュースによると、米国からの牛肉輸入量は、
昨年同月に比べ87.5%も上昇しているそうです。

また、原油高騰もあり、服飾業界で働く韓国人の友人は、
“靴の卸値段が上がった”と、しきりに呟いています。


朝鮮日報の記事によると、
家を借りられず、結婚を先送りするカップルが増加しているのだそう。

韓国では、月家賃を支払う代わりに、一定の金額(通常は不動産価格の数十%程度)の
保証金を家主に預け、退去時に全額返却を受ける「전세(チョンセ)」という制度があります。
家主は保証金を10%を超える高金利で運用し、毎月の家賃に代わる利益を上げるというもの。

記事には、
「今年5月に結婚式を挙げる予定を1年後に先送りした。
麻浦区や城東区などで部屋を借りるために不動産を回ったが、
手持ちの資金で借りられる物件は見つからなかった。
79平方メートルのマンションを借りるのに必要な資金は
1億8千万ウォン(約1310万円)から1億9千万ウォン(約1380万円)ほど。
1カ月前に比べ3千万ウォン(約218万円)ほど上がった。」


部屋を借りるためには、銀行の融資を受けざるを得ず、
そのローンの利子だけでも月々60万ウォン(約4万4千円)も払わなければならないのだそう。
もう少し貯金をするために、結婚を延期することにしたのだそうです。


韓国・国民銀行の住宅전세(チョンセ)価格総合指数調査によると、
今年は、春の引っ越しシーズンにかけて上がるはずの保証金がもうすでに上がり始め、
ソウル市内では数千万ウォン(数百万円)の引き上げを求める家主も多いと言います。

もちろん住居問題だけではないとは思いますが、
麻補区にある結婚式場では、3月の予約件数が昨年比で約30%、
4、5月のオンシーズンでも、20%以上減少しているという記事を読むと
結婚するのも大変だなぁと、身につまされます。

韓国では軍隊に行く関係もあり、
30歳になっても入社数年という男性も多いですよね。
日本より少子化が進んでいる韓国で更に晩婚化が進み、
また、仮に結婚して子供が産まれたとしても、
教育熱の盛んな韓国では莫大な教育費がかかり、非常に大変だと聞きます。


韓国人の男性と結婚をし(これからの予定も含め)、
こちらに居を構え生活している日本人の友人が数人います。
もちろん、どこの国で生活していくのも大変ではありますが、
韓国で生きていくしんどさを実感する今日この頃です。




3月3日。

2011年03月03日 21:16

今日は3月3日。
お雛祭りの日ですね♪

幾つになっても、女性にとってお雛祭りの日は特別なもの。
日本にいるときは、小さな雛人形を飾って
定番のちらし寿司を作って食べるのが好きでした。


以前勤めていた会社の上司(男性)は、
お雛祭りの日、女性に雛あられをプレゼントしてくれました。
ホワイトデーでもなく、クリスマスでもなく、
決まって3月3日にだけプレゼントをしてくれて、
なんだか洒落ているなぁ、と思っていました。
毎年、この日が楽しみだったんです♪


韓国では、「3」の数字にちなんで、

・삼각김밥(三角おにぎり)の日
・삼겹살(豚の三枚焼肉:サムギョッサル)の日

と、言ってます♪


下宿の今夜のおかずは、삼겹살(豚の三枚焼肉)かなぁ、と
実はお昼抜きで夕食に臨んだのですが、
残念ながら違いました…(>_<)。

今夜はおかずは、고등어조림(鯖の辛い煮付け)。

…う~む。残念。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。