慶尚北道のトラベル応援マガジン。

2017年01月09日 23:18

慶尚北道のトラベル応援マガジン
「GB-Story」



GBは“Gyeongsangbuk-do”の略。
歴史・文化・人の魅力を発信しながら、慶尚北道の旅を提案するマガジンなのだそう。
発行は慶尚北道。
しかも無料なんです(笑)

慶尚北道っていえば安東や慶州などが有名な観光地ですが、
コチラは普通の旅行ガイドブックとは違っていて、
もっと知らないワールドが繰り広げられおり、
地方好きにとってはたまらない一冊となっています。
深くて広い感じ!

例えば、vol.2では、ずっと気になっていた義州のニンニクの名声についてや、
vol.3では、私の大好きな干し柿の名産地、尚州の特集など、
どのページを見ても興味深くて、トランク引いて、すぐに出発したくなる(笑)。
サトゥリ講座やお土産図鑑なども笑えます~。

書き手は、慶尚北道広報大使の八田靖史さんやジャヨンミさんなどなど。

広報大使の方々がきちんと取材されていて、
しかも行政がバックアップしているので、記事も確か。
こういう本、各地域でもっと増えてくれたらいいのにな。

コチラの本は韓国観光公社や、韓国文化院、チェッコリなどで
在庫限りで配布されています!
vol.3は年明けからの配布されたので、まだ間に合うかも。

ご興味のある方は、是非ご覧になってみてくださいね!!




憧れの戸田郁子さん。

2016年11月03日 20:36

昨日の東京は久しぶりにポカポカ陽気でしたね!

神田神保町では、神田古本まつりが開かれ
とっても賑わっていました♪
とにかくスゴイ人出。

歩いては本を片手に取り、吟味し、また次のお店に向かう。
あぁ~皆さんとても楽しそう!本好きにはたまりません。



そんななか、チェッコリでは、私の尊敬すべき方、
戸田郁子さんを招いてのイベントが開催されました♪

チェッコリ店内は20~30人しか入らないため、
急遽60人規模のスペースへ会場変更。
それでもキャンセル待ちの方が続出したそうです。
もちろん私も早めに申し込みをし、当日も最前列の席をGET(笑)!
だって目が悪いから…(>_<)

初めてのナマ戸田郁子さんw
画像が粗くてすみません。



1983年、延世、高麗大への留学時に始められたウッチャ通信から
作家・翻訳家になるまでの興味深いお話をして下さいました。
戸田さんと言えば、いまは無き「スッカラ」に、
ハングルに関するコラムを連載されていて、
それがすごく面白くて、毎号楽しみにしていました!
少し硬い文筆の中にもユーモアが溢れていて、
何より話が生活に密着していてるところが魅力。
いつも「すごい人だなぁ~」と唸っておりましたw

最後はチェッコリの店長さんとの会談も!



その戸田さんが最近翻訳されたコチラの本。
世界最強の囲碁棋士「曺薫鉉の考え方」。
韓国でもベストセラーになりました!



韓国の小説などには珍しく、センテンスが短くて
説得力に溢れていて、囲碁に興味が無くても十分楽しめる本です。

サインも頂いちゃいましたヽ(^o^)丿



戸田さんにお会いして、全ての本を読んでみたくなってしまい、
イベント会場を後にしたとたん、Amazonでこんなに大人買い(笑)
中古本なのでリーズナブル。



しばらくは読書の秋〜♪
文化の日に相応しい一日となりました。




中部市場のゴマ油。

2016年10月30日 13:28

韓国に行くと必ず買うもののひとつ、ゴマ油♪

いつもは京東市場の決まったお店で買うのですが、
今回はホテルに近い中部市場をのぞいてみました。
アチコチ、ゴマ油を売るお店はありましたが、
今回はコチラで。

 「충북 기름집(忠北ゴマ油店)」

20160926_021816561_iOS_convert_20161030123027.jpg

お店のサイン表示のところに、優良店のマークが見えます。

軒先には、中国産のゴマ油やエゴマ油が置かれているのは、
どこのお店でも同じですね。

20160926_021818829_iOS_convert_20161030123131.jpg

アジュンマに、「韓国産のゴマ油くださいー。」とお願いしたら、
「いま絞ったばかりよ。」と言って、大きなビンから1本ビンへ
油を移し替えてくれました。
あぁ~。めっちゃいい香り。

20161002_015603620_iOS_convert_20161030123259.jpg

2017年9月25日

賞味期限は1年間。
日付も手書きで入れてくれて安心感UPです↑↑(笑)

そしてビンの裏側には、こんな認定証が貼られていました。

20161002_015615796_iOS_convert_20161030123354.jpg

ソウル市から認定を受けている安心安全なゴマ油ということでしょうか。
なんだかますます安心感が…。
中国産に比べて約3倍のお値段がしますが、
たまに買うのですから、いいですよね。


お店の場所をお知らせします♪
新しくキレイになったアーケードのある中央通りをしばらく歩いて、
右側を曲ると、その道の左側にお店があります。
曲がる場所はコチラ。

20160926_022338351_iOS_convert_20161030123627.jpg

この路地を入っていくと、ゴマ油の良い香りがしてくるはずですよ~。




仁川へショート・トリップ!市場編

2016年10月24日 21:06

仁川の海にサイダーが湧いても、コップが無ければ飲めないよ。
クンタラタタ ピヤピヤ~♪


…ってことで、仁川の海に行ってきました(笑)

今まで何回か行ったことがあるのは、仁川総合魚市場。
1号線にぷらっと乗り、行きやすかったというのが理由です。
でも、今回の旅で訪れたのは、もっと南側にある、
蘇莱浦口(ソレポグ)市場。

ここが水仁線の「蘇莱浦口駅」。
正直、もっと田舎の駅を想像していたのですが、ぜんぜ~ん。
新しくて近代的な駅舎でしたw

DSC_7850_convert_20161023214835.jpg

駅から10分弱ほど歩くと、左手に見えてくる、蘇莱浦口総合魚市場。
一見みると普通のビルっぽい??

DSC_7855_convert_20161023215045.jpg

中に入ると、夕方のせいかあまりお客さんは見当たらず…。
市場の中でもまだ、こちらは新しいビルのようです。

DSC_7856_convert_20161023215128.jpg

そしてビルを抜けると、今度は両側にずらっとお店屋さんが並びます。
焼き貝・干し魚・ケジャン・焼き魚・エビの天ぷらなどなど…。
なんでも100件以上のお店が連なっているのだそう。

DSC_7859_convert_20161023215526.jpg

しばらく歩くと、再び魚市場のなかに入っていきます。
こちらの市場の方が古く、お客さんもたくさんいました!
いやぁ~、本当に広いですね。

DSC_7862_convert_20161023215601.jpg

そして、市場を出ると、何やら人だかりが…。



今がまさに旬のケジャンのお店です!
お店と言っても、船着場に面した道で、水揚げされたばかりのケジャンを
道端でそのまま売っているというかんじ。



ケジャンを売るお店がたくさん出ていて、
いろいろ覗いてみるだけで楽しい!
お店によって、鮮度の差も様々。
どのケジャンも威勢よく活きてるお店と、
山積みの一番上にだけ活きてるケジャンを乗せているだけのお店と、
歴然の差がありました。

こちらのお店は船から下ろしたばかりのケジャン。
ただいま販売準備中。ホントに新鮮でしたよー♪



以前はこの船着き場に面したお店で魚を購入すると
ブルーシートを貸してくれて、そのまま道沿いで飲めたりしたそうですが
どうやら今はやっていないようです。
ものすごく期待していたので残念…(>_<)


仕方がないので、船着場の端にある、唯一、海沿いにあるお店に入ってみました!

お約束のヒラメのお刺身。
もちろん新鮮で美味しかったです!



食堂といえども、いつかの魚貝以外は、市場で購入して持ち込むシステムみたいで、
旬のエビを食べたいと言ったら、市場で買って来いとアジュンマに言われました(-"-)。

早速、目を付けていたお店でエビ1kgを購入!
蒸し焼きにしてもらいました。



これ美味しー。
ヤックン登場です!
今まで活きていたのですから、美味しくない訳はありません!!大・満・足♡
でも、どんなにエビ女子な私でも、さすがに1kgは食べられませんでした…。


テーブルから見た海。
ノスタルジックな景色は情感たっぷり。



だんだんと夕簿が広がってきました。



食事後、ちょっとお散歩をしてみました。
お店のすぐ脇に、蘇莱浦口(仁川側)と、月串洞(水原側)を結んでいた鉄道橋。
実は、1994年に一度廃線となった水仁線の列車が走っていた橋なのだそう。
以前は、蘇莱浦口(ソレポグ)の「ソレ」と言えば、週末デートの人気スポットだったとか。
橋から見る海の景色がなんともロマンチックだったのだそうです♡

この橋。いまはテクテクと歩いて渡れます。
しかも今年から電飾に彩られ、赤・青・緑と刻々と色を変えていきます。
もうピッカピカですww!
夜も遅いのに、地元の方達も大勢歩いていました!
昔も今も愛されているんですねぇ。



橋の上からみた市場。
向かって左側にあるお店が食堂です。



ここには、もう一度来たいなぁと思っています。
美味しいし、リーズナブルだし、
そして、もう一回、この橋を歩いてみたいし…(笑)。





I LOVE マッコリ♡

2016年10月15日 13:24

体調を壊してから、お酒を止めているのですが、
外食したりするときは別。

そして、このマッコリも別腹です(笑)

복순도가(福順都家)

マッコリ

初めて飲んだのは、今年の5月。
ソウルに行ったとき、初めて頂きました。→ ヽ(^o^)丿

ものすごい炭酸!ヨーグルトドリンクのような乳酸菌!
薬丸クンの「これ、美味しー!」的な衝撃でした(笑)

美味しすぎて日本に持ち帰りたかったのですが、
炭酸がすごいので、漏れたりすることを考え断念…。

あぁ、また、飲みたいなーを思っていたところ、
韓国に住む友人MちゃんのSNSに、このマッコリを飲んでいる姿を発見!
なんとこの10月から、日本でも購入できるようになるというではありませんか。
あまりの嬉しさに、10月に入って、すぐ2本注文してしまいました!!!!


今日は、ザ・フライデー♪
マッコリ・オールナイト♪♪



気分を出すために、アルマイトのカップで。
ちなみに、このマッコリはシャンパングラスで飲むのがステキですw


マッコリのために、チャプチェを作り、



マッコリのために、ネギとニラのチヂミを作り、
(カリカリにしたくて、少し焦げちゃいました)



近くの韓国料理屋さんで、キンパを作ってもらいました。


これで、雨でも降って、トロットでも流れていたら
韓国居酒屋さんだけれど…(笑)
ちなみに、このマッコリは居酒屋さんは似合いませんw


マッコリは、その土地土地で作られていますよね。
日本酒と同じように、味もさまざま。好みも別れると思います。

私的には、いつまでも購入できるように、日本でも人気になって欲しい一品。
是非、HPもチェックしてみてくださいね!!
動画通りの炭酸です!!
1日限定100本の販売だそうですよ。

복순도가(福順都家)
http://www.boksoon.com/







最新記事