--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして再び安東へ。

2013年05月15日 23:10

河回村から安東へ戻ってきました。

時間があるので、在来市場をぶらぶらお散歩♪
地方の市場は楽しいですよね!
なんと言っても、地場産物に主婦ゴコロがくすぐられるし、
聞こえてくる方言や人の温もりなど、
“一番人に近づけるところ”という気がします。

想像以上に綺麗な市場です♪



あっ!やはり마늘(にんにく)がありました~♪
慶尚道と言えば、義城ブランドのニンニクが超有名。
まだ巡り合ったことはありませんが、日本にも入って来ているのだとか。



파(ネギ)もいっぱい売っていますね~。



そう言えば、日本で「チヂミ」と言うお料理は、韓国では「ジョン」と言うのですが、
それがここ慶尚道では日本と同様「チヂミ」と言うのだそう。
やはりネギの「チヂミ(파전)」がポピュラーなのでしょうか??

生ダコを売るお店も発見!
値段の上にシールが貼られています。これって時価ってことかも…。





安東みたいな山に囲まれているところで
生ダコを販売するなんて珍しいなぁと思ってお店を覗いてみたら
なんと朴槿惠大統領も来たことのある有名店だったよう。
「大統領がウチの店のタコを味見して行った」と書いてあります。
語尾が方言で書かれているところが良いですよね♪



私は市場で国産のゴマ油と安東産の唐辛子を購入。
日本から来たと話したら“休んでコーヒーでも飲んで行きなさい”と
狭いお店の軒先に席を作ってくれました♪
本当に人が温かいですよね(^o^)丿


市場からバスで移動し、安東民族博物館にやって来ました。
博物館の正面に「韓国精神文化の首都、安東」と書かれています。
このフレーズは、結構アチコチで目にします。
不勉強でしたが、安東は儒教と仏教文化の花を咲かせた場所であり、
かつ五千年の歴史が根付いた礼と学の故郷なのだそうです。



こちらは、博物館と隣接した安東民俗村。
しかし、韓国はどこの博物館に行っても本当に綺麗ですね。
建物の新旧はあるものの、庭園のお手入れなどキチンとしていて、
本当にお金がかかっているなぁと実感します。



民俗村は洛東江という川沿いに広がっていて、
川沿いにはこのような遊歩道が作られています。
もうすっごく気持ちが良い!!
気持ちが良すぎて、このあとここで缶ビールを飲んでしまいました♪



緑が映えて本当に綺麗です♪



こちらが国内最大で最長の木造橋として有名な月映橋です。
夜にはライトアップされて、それは美しいそうです♪
今回は時間がないのでお預け。次回のお楽しみに取っておきます。






安東を出発する時がやって来ました。

ソウルまでは高速バスが便利なのですが、
少々不便でも、プチ鉄夫婦としては、電車に乗ってみたくて
急遽セマウル号で帰ることに♪



カフェ車両付きですよ~♪♪



安東から中央線を通ってソウルへ向かうのですが、
川の蛇行に沿って走っていくので、その景色はとても素晴らしいものでした♪
地方旅のときには結構電車を使っていますが、
なかでも中央線の車窓はピカイチです!!


進行方向左側の席に座ると綺麗な夕陽が追いかけてきます。





いよいよ明日は日本へ帰国。
長かった旅をひとつひとつ思い出しながら、ソウルへ向かいます。










安東。

2013年05月14日 10:55

栄州から安東にやってきました♪

隣町なので高速バスで30分くらい。
夕方の時間なのに、バスの乗客はなんと私達2人だけ。もう貸切状態です。
隣町なので、地元の人は高速バスは使わないのかな。

安東は、高速を降りるとすぐに、安東の市外バスターミナルがあります。
いつみても立派な市外バスターミナル。
施設は良いのですが、市内までちょっと距離があるのが難点です。





バスターミナルからタクシーに乗り換えて、安東駅前にあるパークホテルへ。
ここは安東の定宿になりつつあります。



夜の照明が付くと、な~んか怪しい雰囲気…(-_-;)。



駅前にはたくさんのモーテルがありますが、こちらは市内で一番大きなホテル♪
お部屋は昭和チックな感じだけど、何と言っても清潔だし、
経営しているご家族(ご両親と息子さん)は日本語は通じないけれど、
とても気持ちよく接してくれるのでオススメのホテルです。




前回は、安東の有名な郷土食찜닭(チムタク)を頂きましたが、
今回は思い切って!?安東牛を食べてみることに。

チムタク横町があるように、安東韓牛カルビ横町もあります♪♪



まだ夕食まで時間があるので、人通りも少なく静か。



歳のせいか、牛よりもサッパリ豚のほうが好きなのですが
安東牛は噂通り、サッパリした感じで食べやすくて好のみ!

なんとなく雰囲気でこちらのお店に入りました♪



写真を撮りそびれてしまったのですが、
店内も地元の人達でいっぱい!!
皆さん、やはり韓牛を愛してるんだなぁと実感します。


ぶらぶら歩いていると「文化の道」と書いてある通りに。
いったい何が文化の道なのか、わからないのですが、
携帯やコスメショップが集まっているので、流行りの道ってことでしょうか。
そう言えば、全州にも「文化の道」ってあったっけ。

こんな風に道の中央に小さな水路があるのですが…



じぇ、じぇっ。なんとテーブルの脇からも、滝のように水が流れています。



近づいてみると、テーブル上面に安東の観光地がプリントされており、
そのテーブル脇から滝が流れる仕組み…。
かなり水がはねていて、座ると濡れそう(-"-)。
いやぁ~。さすが「文化の道」ですね♪



朝食は今回も골부리국(カワニナのスープ)!!



これを食べる為にでも来たい安東(^o^)丿
毎日食べたら、本当にカラダに良いだろうなぁ。
もちろん完食です!!


さっ、元気出して、河回村に向かいます♪






무섬마을 외나무다리(ムソム村 一本橋)。

2013年05月13日 22:50

今回、仁川でトランジットをしたので、
折角なので韓国も少し旅することにしました♪

ソウルで2泊したあと、영주(栄州)にある무섬마을 외나무다리(ムソム村 一本橋)へ。
ここは、私が長い間ずっ~と行って見たかった場所です。


いつものセントラル湖南線。
10:10発 영주(栄州)行きに乗り込みます。



途中ちょっと渋滞したり、なぜか途中で給油のために止まったりして、
영주(栄州)には、2時間40分程で到着しました。
なぜ予め給油しておかないのか不思議ですが、まぁそこが韓国です…。

영주(栄州)の市外バスターミナルです。



なかなか渋いターミナル。
でも、いきなりWi-Fi が繋がったりして、意外にハイテク♪
(ちなみに、ここから10分のちなみに市内バスターミナルでは繋がりませんでした(´・_・`)


私の目指す무섬마을(ムソム村)まではバスが一日2往復しか無いので、
行きはタクシーで向かうことにしました。

乗ること25分。
舞台の幕が上がるように、目の前の視界がサッと開けて見えた외나무다리(一本橋)。
あぁ、写真で見ていた風景そのもの。
本当に感動的~♡



観光地の割に情報がとても少ないので、行くことを今まで躊躇していました(-_-;)。
今回、本当に行くことが出来るのか半信半疑でしたが、案ずるより産むが易し。
無事に到着することが出来ました~♪


この무섬마을(ムソム村)。
安東の河回村と同じように村の三面が水で取り囲まれてます。
昔は毎朝この橋を渡って仕事に行ったのだとか。

平日なので観光客も誰もいない。
この絶景を独り占め出来る幸せよ♪♪



외나무다리(一本橋)は、本当に横幅30cm位しかない木板を繋げているだけなので、
緊張の余りちょっとバランスを崩したりしたら、すぐ川のなかにチャポンとしちゃいそう。
浅瀬が続いているのですが、中央辺りは深いのだそうです。




村に食堂が一軒あるようなのですが、営業しているか不安だったので
小旅行の定番、김밥(キンパッ)と 귤(みかん)を持参しました。
川沿いに続いている木陰で頂くお弁当は最高です♪♪



무섬마을(ムソム村)も民俗村みたいで素敵ですよ♪
もちろん普通に人が住んでいます。
瓦屋根のお家や、そのまま藁葺きだったりなど、タイムスリップしたみたい。



道端に何か育っているみたい。



あっ!何故か長ネギ♡




ご存知の方もいらっしゃっるかもしれませんが、
グンちゃんと少女時代のユナが共演したドラマ「사랑비(愛の雨)」で、
グンチャンがユナに愛の告白をした撮影地でもあります。
見ていないのですが、ドラマ「推奴(チュノ)」という時代劇でも使われたのだそう。


帰りはもちろんタクシーなど無いので
一日2往復のバスに乗って帰らなければなりません。
さて、その帰りのバス。
時間になってもなかなか来ないのですごく不安になっていたら
村のアジュンマが“いつも時間より遅れて来るから心配しなくても大丈夫”と教えてくれました。
慶尚北道のこちらはサトリ(方言)がすごくて、ものすごく聞き取りにくいんです。

予定より20分遅れで到着したバス。
バス停が無いので不安でしたが、この看板のところに停車してくれました~。



市内バスターミナルまで行き、そこからタクシーで市外バスターミナルへ。
ここから隣町の안동(安東)へ移動します。


アチコチと地方旅をしていますが、ここは私のお気に入りBest3に入る場所
たった2時間の滞在でしたが、静かで、気持ち良くて、美しくて、
本当に満喫出来ました♪
ずっとこのままであってほしいなぁ。

また来るね。무섬마을(ムソム村)。




旅も11日目を迎えました。







하회마을(河回村)。

2011年12月04日 17:04

ずっとずっと行ってみたかった하회마을(河回村)。


6~7年位前に慶州の良洞民俗村に行ったことがあります。
山間いの村に昔の生活を守りながら静かに暮らす姿を見て
まだソウルや釜山のような都会しか知らなかった私は、
ゆったりと流れる空気感に胸がいっぱいになった記憶があります。

その時に撮影した良洞民俗村。
点在している韓屋。本当にその数だけ暮らしがありました。

縺セ縺励▲縺昴h縲?縺キ縺輔s・・+052_convert_20111203170732


ここと同じように世界遺産に登録された
하회마을(河回村)にも、いつか行って見たいと思っていたのです。



安東から하회마을(河回村)まではバスが出ていますが、
バスの時間に合わせて行動すると時間がもったいないなぁと思い、
タクシーで 병산서원(屏山書院)→부용대(芙蓉台)→하회마을(河回村)へと向かってもらうことに。
正味一日しかない旅行。まずは行きたいところに向かいました。


車で飛ばすと、安東駅から병산서원(屏山書院)までは25分位。
朝鮮時代の代表的な儒教的建築物で、하회마을(河回村)出身の柳成龍が、
弟子たちに教えを諭した教育施設です。
こちらが講学堂。

DSC05786.jpg

書院内には柳成龍による文集や文献1000余種、3000余本が所蔵されているのだそう。
こちらは、お弟子さん達の宿舎です。

DSC05804.jpg

そして、こちらが晩対楼。
階段を上がると広々とした広間になっていて、
こちらから見渡す屏山の優雅の風景はすばらしいのだそう。

DSC05784.jpg

ここで静かに過ごしていると、雪がふんわりと降って来たのかと思うような
白い綿帽子みたいなものがアチコチから飛んできます。
雪虫だ。

DSC05815.jpg

白いふわふわした綿状の分秘物をカラダ全体を包むようにして飛ぶ雪虫。
わずか一週間程で姿を消すと言われている雪虫がいなくなると、もう初冬なんだとか。
まるで私達に秋の終わりを教えてくれているかのよう。


次に向かった先は부용대(芙蓉台)。
車を降りて小道を上って行きます。

DSC05824.jpg

たどり着くと…

DSC05841.jpg

一面に広がる낙동강(洛東江)と하회마을(河回村)の景色。
もう圧巻です。

DSC05836.jpg

画像には収めきれないけれど、川が本当にS字状になっていて
そこに守られるように佇む하회마을(河回村)。
雲ひとつない快晴に恵まれ、はるか遠くまで良く見えました。
それはもう、いつまでもいつまでも見ていたい気分。

DSC05840.jpg


하회마을(河回村)の対岸にそびえたつ부용대(芙蓉台)は、
村から渡し船に乗ってくることができます。
でも、もうこの時期は頻繁に船は動かさないんだとか。

DSC05838.jpg

ここは絶対に来たかった場所。タクシーで来て大正解でした。

そして、하회마을(河回村)に到着です。
一般の車は駐車場まで。
ここでタクシーを降り、1km先の村入口まではシャトルバスが出ています。

やっと하회마을(河回村)に到着しましたヽ(^o^)丿

DSC06034.jpg

DSC05931.jpg

良洞民俗村のように山間いの素朴な感じはありませんが
遠い昔、両班の人達がここで暮らしてしたんだなぁと思うと、なんだかわくわくしてきます。

DSC05918.jpg

하회마을(河回村)と言ったら仮面劇ですが
今日は日曜日にあたるので、観光客でいっぱい。
円形の劇場になっていて、中央にある舞台を取り囲むように座ります。

DSC05890.jpg

DSC05895.jpg

DSC05909.jpg

DSC05881.jpg

この馬は、観客に向かっておしっこをひっかけています。
下に水鉄砲がしかけてあるんでしょうね。もう大爆笑ですヽ(^o^)丿

DSC05884.jpg

劇の途中でこんな風に、おひねりを催促に来ます♪
前列に座っていたら渡せたのになぁ…。

DSC05888.jpg

お土産におまんじゅうを買いました♪

DSC05776.jpg

小豆あんとカスタードの2種類が入っています。

DSC06011.jpg

劇は1時間位。屋外の劇場なので、最後は凍りつくほどの寒さ(-"-)。
現代の感覚だと結構ブラックジョーク的な内容なのですが、
当時、木彫りの仮面を被った庶民の人達が、劇に託して日頃のうっぷんを晴らしたのだとか。
両班への批判を笑いに代えて、両班も庶民も共に笑って楽しんだと言います。
外国人にも楽しめますよ♪


すっかり冷え切ったカラダで向かった、今日の宿 락고재(楽古斎)。
ソウルにもある韓屋の宿で有名ですよね。

DSC05999.jpg


私達が宿泊したのはこちら。사랑방と言う一番大きなお部屋。
家主が客人をもてなすお部屋なんだそうです。

DSC05863.jpg

中もとっても綺麗。
綺麗なだけでなく、エアコン・シャワー・檜のジェットバス
引き戸を開けると大きなTVがあるなど最新式です。
もちろんFree wifiも完備。
民泊したいけど、本当の民泊は不便でちょっと…と言う人には最高です♪
とても人気の宿で、予約するのが大変でした。

DSC05859.jpg

DSC05854.jpg

この縁台も良いですよね。
ここで夜空の星を見ながらビールが飲みたくて、
わざわざビールを持参したくらいです。

DSC05864.jpg

今夜の食事は、하회마을(河回村)の駐車場側にある하회장터(河回市場)。

DSC05843.jpg

食堂やお土産もの屋さんが固まっています。
以前は村のなかにあったそうですが、世界遺産に登録するときに
村の外で営業することにしたのだとか。

DSC05848.jpg

DSC05847.jpg

夕食は安東名物の헛제사밥(偽物祭祀料理)。
「偽物」なんて名が付いているのがおもしろいですよね。
いろいろと調べてみると、儒教の学びの地である安東では、
上流階級の両班が書院に籠って勉学に励む教え子たちに
海のもの山のものを食べさせてあげたいという思いやりから、
偽物の祭祀料理を作ってふるまったとか…。
または、祭祀が終わった後、その料理を一族で分け合って食べる「飲福」という
習慣から、普通の日でも儀礼用の美味しいものを作って食べた…、
等々などの説があるとか。

DSC05956.jpg

偽物の名とは思えない美味しさがあります。
そして、お供は、동동주(ドンドン酒)♪

DSC05963.jpg

夕食の後は、宿にあるチムジルバンへ。
宿にチムジルバンがあるなんて最高~♪

DSC05967.jpg

冷え切ったカラダが芯から温まる感じ。
時間で区切ってくれるので、貸切状態なんです。
だから恥ずかしげもなく、양머리(羊のアタマ)もやっちゃいました♪

DSC05971.jpg

チムジルバンから出て夜空を見上げると、
そこには美しい無数の星空が続いていました。
空が綺麗なうえに電球も無い。どこまでも空気が静かで深く、360℃の星空。
まるで私達と星しかいないみたい。
マイナスの気温で寒いはずなのに、何度も外に出ては星空を眺めました。

翌朝、早起きして村をお散歩。

DSC05978.jpg

人っ子一人歩いて無いんですけど…。観光客はいないみたい。

DSC05988.jpg

ぶらぶら歩いていると、俳優のリュ・シウォンさんの実家を見つけました。
お、おおきい…。

DSC05987.jpg

表札もありましたよ♪
この綺麗な色の表札「柳時元」がご本人のですね。

DSC05985.jpg

ちょうど宿の락고재(楽古斎)の正面が부용대(芙蓉台)です。

DSC06015.jpg

昨日は、あの一番高い所から、この村を見降ろしてたんだなぁと実感。
綺麗な小石を拾い、大切なお土産として持って帰りました。

DSC06020.jpg


今回は2泊3日の旅。
時間が短かったからこそ、より濃密に安東を感じた気がします。

DSC06028.jpg


桜並木を照らす朝陽もとても綺麗でした♪







晩秋の안동(安東)。

2011年11月28日 00:01

先週、안동(安東)に行ってきました。

実は、留学の卒業旅行先として行こうと思っていた安東。
その時はタイミングが合わず行けなかったので、
今回やっと念願を果たすことができました♪


安東へは、高速バスターミナルか、東バスターミナルからバスが出ますが
私は利便性の良い高速バスターミナルを選びました。
土曜日のせいか、ターミナルはチケットを買う人でいっぱい!!

DSC05725.jpg

私が乗車するバスはこちら。
安東行きはどれも優等バスです。

DSC05727.jpg

ソウルを出発してから約3時間後に
安東市外バスターミナルへ到着です。
バス専用レーンのおかげで、いつもほぼ時間通りに到着するのが嬉しい。

DSC05735.jpg

昨年新しく出来たばかりのこのターミナル。
高速道路の出入口付近にあるため、
市街地の渋滞に巻き込まれずに到着するので良いのですが
中心部まではバスかタクシーで20分ほどかかります。

すでに夜の9時を廻っていましたが、
タクシーで真っ先に向かった場所。안동찜닭걸목(安東チムタク通り)♪

DSC05736.jpg

お店に入り、アジュンマがいきなり 「매운거?보통?(辛いの?普通の?)」と聞くので
もちろん「매운거요(辛いください)」と答えました。
だってだって辛い方が美味しそうだし♪と思っていたら
後方に座っているカップルが「辛いの頼んでるよ。本当に辛いのになぁ。」と
ひそひそ話しているではありませんか!
思わず振り返り、カップルに向かって、本当に辛いのか?と聞き返し
慌ててアジュンマに「보통보통(普通の!!)」と訂正に行きました(-"-)。
매운거は、舌がしびれる位辛いんだそうです(>_<)。

待つこと10分。
いよいよ本場の찜닭(鶏と野菜の煮込み)が登場です。
湯気でカメラが曇っちゃう。

DSC05737.jpg

今まで찜닭(鶏と野菜の煮込み)は、ソウルで一回食べたきり。
その時は、辛いもの好きの私が “結構辛いなぁ”と思ったことを覚えています。
こちらは、ほどほどな感じで、いくらでも食べられちゃう。
ビールがススムお料理です。

横にいたアジョッシが、
「찜닭は소주(焼酎)と一緒に食べるのが旨いんだ」と教えてくれました。
そう言えば安東は소주(焼酎)も有名なんですよね。


お腹一杯になった私達は、安東駅前にある安東パークホテルへ。
一応、安東では一番大きなホテルです。

DSC05749.jpg

怪し~い感じなのですが、中に入るともっと怪しい雰囲気。
部屋の壁紙がアチコチ違っていて、しかも派手!

DSC05744.jpg

地方にはアチコチ行く私ですが、この手の地方ホテルに泊まるのは初めて。
ちょっぴりびっくりしましたが、まぁまぁ清潔でした。


そして翌朝。
安東の朝は寒い…。
たぶんももう零下なんだろうと思います。

DSC05772.jpg

安東駅を横目に、この寒さのなかテクテクと
朝ゴハンを食べにこちらのお店へ。

DSC05771.jpg

とっても細くてわかり辛い걸목(路地)の奥にあるこちらのお店。

DSC05767.jpg

実は、以前からずっと食べたかった料理。
골부리국(ゴルブリッグ:カワニナのスープ)です。

DSC05764.jpg

골부리とは、다슬기(カワニナ)の安東の方言。
다슬기(カワニナ)は、蛍の餌になるそうで、水の綺麗な川にしか生息しないのだそう。

この緑色が다슬기(カワニナ)です。

DSC05766.jpg

お店の主人に勧められて、タテギとみじん切りの青唐辛子を入れて頂くと、
余計に味が引き立って、スープの美味しいこと!!!!
お野菜がたっぷり入って、とろっとしていて
다슬기(カワニナ)のオルニチンもたっぷり♪
これを頂くために、零下の街を歩いてきた感じです。

おかずも丁寧に作られている味。
川魚の甘露煮も美味でした♪

DSC05761.jpg


こういう食事はソウルでは絶対に食べられませんね。
地方に行く度にいつか食べてみたいと思っていたのですが
なかなか機会に恵まれなかったので感激しました♪



さぁ、お腹も一杯になったところで、
하회마을(河回村)へ向かいます。









最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。