映画「쎄시봉(セシボン)」を観ました♪

2015年02月16日 00:00

ソウルで先週末に公開された映画「쎄시봉(セシボン)」を観ました♪

繧サ繧キ繝懊Φ竭、_convert_20150213175729

「쎄시봉(セシボン)」は、1960年代が舞台。
韓国の音楽界をリードした「セシボン」のメンバー、チョ・ヨンナム、
ユン・ヒョンジュ、ソン・チャンシク、イ・ジャンヒなど歌手たちの20代の青春物語です。
ポスターも何ともノスタルジック!

実は、昨年末からこのソルラル(旧正月)の時期にかけて、
観たい作品が盛りだくさん!!

例えば…
イ・ミンホ映画初主演の「江南1970」とか…

江南1970

イ・スンギ×ムン・チェウォンの「今日の恋愛」とか…

今日の恋愛

韓国版「ALWAYS 三丁目の夕日」と言われる「国際市場」とか…。

国際市場

本当はすべて観たかったのですが、日程的にも難しく
結局、直感で選んだのがコチラの「쎄시봉(セシボン)」でした。

明洞からほど近い武橋洞という繁華街にあった音楽喫茶「セシボン」が舞台。
韓国にフォーク旋風を巻き起こした有名な喫茶店です。

“魔性の美声” ヒョンジュ役をカン・ハヌルが、
“生まれ持った音楽の天才”チャンシク役をチョ・ボクレが、
“隠れた原石を持つ田舎者”グンテ役をジョンウが、
この3人がトリオ「セシボン」を結成したところから物語はスタート。
そこにハン・ヒョジュ演じるジヨンが現れ、すべての男たちの心をグッと掴み…。

繧サ繧キ繝懊Φ竭「_convert_20150213175647

前半の2/3は夢と友情、そして甘酸っぱい青春時代を、
後半1/3は20年後を描いており、しっとりと大人の悲哀を描いています。

劇中に流れる音楽は70年代の人気曲ばかり♪
1960年後半に横浜で生まれた私は、韓国で流行った当時のフォーク音楽を知る由はありませんが、
なんとも心に沁み渡る郷愁に満ちたメロディに感動しっぱなし。
韓国の人ならば皆さんご存知の名曲なのでしょうね。
やはり良いモノに国や時代、年齢などは関係ないんだなぁと実感しました!

スピード感や怒涛の展開、激しさ、派手さは無いけれど、
何気ないストーリーのなかに、人間味溢れる魅力、
繊細な人間の感情が詰まった、真っ当な映画だと思います。

字幕付きで、もう一回観たいなw


スポンサーサイト


コメント

  1. いずみ | URL | kNUhCMt2

    ハンヒョジュちゃんってだけで見たい!!!!
    相変わらずかわいかったでしょ?

  2. minomi | URL | -

    Re: タイトルなし

    私も大好き!もうすっごく可愛かった!!
    元々可愛いのだけれど、より可愛く魅力的に撮影されていました。
    そして…私がいま注目しているカン・ハヌルもいい味を出していて…。
    大きな盛り上がりは無いけれど見て欲しい映画の一つ。
    いま韓国では90年代のレトロが人気だから、顧客数も伸びているみたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minomi2010.blog53.fc2.com/tb.php/584-5b2a48de
この記事へのトラックバック


最新記事