--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産の街、アユタヤ。

2013年09月08日 19:16

バンコクから北へ約80km。
世界遺産に登録されている街アユタヤ。
1350年から417年の間に、5つの王朝、35人の王が君臨したのだそう。

バンコクから車で1時間半くらい。
世界アチコチからの観光客が、大勢来ていました。

こちらは、ワット・ローカヤー・スッター。
高さ5m、全長28mもの巨大な涅槃仏です。

初めてみた遺跡にもう圧倒!!空の下に悠々と横たわっています。



お顔は優しい。柔らかい。こっちを見て笑ってる感じ♪
ふふっ♡



三方の川に囲まれているアユタヤは、
記憶にも新しい2年前の大洪水で、最も被害を受けたところなのだそう。
この涅槃仏像の3/1以上は水に浸かってしまったのだとか…。
この地に暮らす人々は、洪水に慣れているとのことですが
26年ぶりの大洪水の被災は大変だったようです。


そして、こちらはアユタヤ王宮跡と、
ワット・プラ・シー・サンペット。

この3つの尖がった石塔は、歴代3人の王が眠っているお墓です。
1767年、ビルマ軍の侵攻で、これらの仏塔だけが残ったのだそう。



ここには、首だけ破壊されてしまった仏像などがたくさん並んでいます。
皆さん、写真に収めていましたが、私はとても写真には撮れませんでした(>_<)。



世界遺産だというのに、こんなふうにレンガにベタベタと
セメントで補修してもいいのかと疑問だったのですが…



種がアチコチから飛んできて、レンガの間から雑草が出てきてしまうのだとか。
それでレンガがすぐに崩れてしまうのだそうです。
確かに雑草が咲きまくっていますね。
日光も雨も十分なので、育ち放題なんでしょうねぇ。



ここが王宮跡。
いまでは公園になっています。
人も少なくて、静か。




こちらは、ワット・プラ・マハータート。
かつては、高さ44mの黄金の仏塔があったのだそう。
ビルマ軍に破壊された仏像や壁などが、そのまま残っています。

菩提樹に残された仏頭。
アユタヤを語るときの象徴になっていますよね。




アユタヤと言えば、象に乗るのもお約束♪
ちょっと怖かったけど、乗っちゃった(^o^)丿




アユタヤは、野良犬が多くて怖いという話を聞いてました。
確かにどこに行っても犬が結構います。
犬とすれ違うだけで怖い私は、最初かなりビビっていたのですが、
こちらの犬、こんな風にずっ~と寝てます。

おいっ!道の真ん中で寝るなって思うけど、やっぱり暑バテなんですかね。
猫も同じように寝てました。



半日だけのアユタヤでしたが、高い青空とふつふつと残る遺跡に、
タイの時間の流れを感じました。

アユタヤは、じっくり見ようと思うと、
ひと月くらいかかるそう。
それだけ遺跡の多い世界遺産の街なのでしょうね♪







スポンサーサイト


コメント

  1. mihyan | URL | R/u0fIGg

    実は。。。。。

    新婚旅行はタイでしたー(*^_^*)
    とは言っても、サムイ島でしたが。

    アユタヤ、行ってみたいです。
    遺跡って若い頃は興味なかったのですが、最近は興味を持つようになりました。なんでしょうねー、過ぎ去った過去というか、歴史に思いを馳せるといいましょうか....
    年を取っただけ?とか(笑)

    象さん、私も乗りましたー♪
    思ったより高さがあって怖いですよね(^_^;)

  2. minomi | URL | -

    Re: 実は。。。。。

    ◇mihyanさま

    新婚旅行はタイだったんですね!素敵☆
    いま世界中が旅行に行きたい第1位らしいですよ。

    タイもう一回行きたい!!
    サムイ島も気になりますぅ♪♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minomi2010.blog53.fc2.com/tb.php/408-0457b178
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。