温陽温泉(온양온천)に行ってきました♪

2013年01月05日 18:53

昨年末、一週間ソウルに滞在していたときに
仕事の合間をぬって、一人、忠清南道にある温陽温泉へ行ってきました♪

温陽温泉は、1300年以上にもなる韓国最古の温泉地。
朝鮮時代には世宋大王を始め、多数の王様がこの地に離宮を建てて
休養や病気療養のために滞在したのだとか。

行き方は幾つかありますが、プチ乗り鉄の私としては、
ここは列車でいきたいところ(^∇^)
しかもKTXより特急が好きな私は、やっぱりセマウル号!
温陽温泉まで乗り換え無しで1時間20分です。

金曜朝9時の龍山(용산)駅。
人もまぁまぁ出ています。



この電光掲示板の最下段に表示されている益山(익산)行きの列車に乗車します。



こちらが今日乗車するセマウル号。



韓国で列車に乗るときは、ちょっぴり贅沢ですが“特室”と決めています。
日本のグリーン車と違って運賃もすごく安いし、
車内もゆったりとしていて、何より混んでないので静か。
のんびり旅したい時はオススメです。



旅のお供と言えば、お約束のキンパッ。
今回はここでもちょっぴり贅沢をして、김家네の모든김밥(全部入りキンパッ)です♪



10時57分、温陽温泉駅に到着です。



KTXは停まらないのに、駅舎が立派です。
国鉄の駅は比較的どこも立派ですよね!
ただ駅は繁華街から離れた場所にあることが多いため
移動に時間がかかることよくあります。
でも、温陽温泉駅は駅前から温泉街がひろがるためアクセスはGOOD~!!



少し歩くと温陽温泉伝統市場と言う在来市場を発見。
人出も出ているし、美味しそうなお店が充実しています♪ 
地方にしては綺麗な市場ですよね。







市場のアーケードの上を見てみると、温泉マークが!
さすが温泉街ですね~。



市場でのつまみ食いを我慢しながら、駅前から続く大通りを北へ歩くと、
繁華街が終わりそうなところに足湯がありました♪



数人のハルモニ達が足を浸けていて楽しそう♪



この日の気温は氷点下。
もう手がかじかんで靴下も脱げないくらい、すっごく寒い日だったんです。
足だけじゃなくてカラダごと入りたいっ!!



このお湯、めちゃめちゃ熱いのですが、外気があまりに寒いので、
一度浸かったらなかなか出すことができません。



街の案内ブックを見たり、ハルモニとお話したりしながら、浸かること30分。
すでに足は真っ赤っか…(u_u)。



足湯を出てから本場の温泉に入りたいなぁと思い、街をウロウロ。
温泉浴場を探し始めましたのですが、とにかくいっぱいあるので、
どこが良いのかサッパリわかりません。
100m歩いただけで浴場が3~5件くらいはありそう。

ちょっと綺麗めなところ。


健康ランドっぽいところ。


街のお風呂屋さん的なところ。


等々…。
とにかく寒すぎて、これ以上探せないなぁと思ったところにあった
こちら「温陽観光ホテル」に行ってみました。

施設の佇まいが、これでもかっ、て言う感じじゃありませんか?
立派すぎて逆に不安…。
それで多くの車が駐車してあったので、
不安半分期待半分で入ってみることに。



敷地内に入ると大きな宿泊施設。
地方によくある老舗観光ホテルみたいな感じでしょうか。



そして温泉はこちらから。
「온천」とサイン表示がありました。



温泉内の写真は取れませんでしたが、とっても大きな浴場でした。
入場料は大人一人6000ウォン。施設も清潔でGOOD!
ただ、とにかく驚いたのは利用者の多さ!!
女性浴場だけでも200人位はいたのではないかしら。
まるで阿部ちゃんの映画「テルマエ・ロマエ」を彷彿する情景です。

街にあんなに温泉浴場があるのに、この施設だけでもこんなに人がいるなんて。
しかも今日は平日の昼間。
街のほとんどの人が浴場にいるのではないですかね、ホント。

事前にわかってはいたのですが、カラダを洗う洗い場が争奪戦でした。
既に桶や椅子のところにマイシャンプーや手ぬぐいを置いてあるところは
使用出来ない慣習のようで、シャワーがどこもいっぱいなんです。
普通、浴槽に入っている間だけでも譲るのがルールだと思うのですが
一旦そこに自分の陣地を置いたら、自分が使用していないときも
何故か後から来た人には貸してくれないのです。
二人のハルモニから注意を受け、なんだかなぁ…と思いながら、
郷に入ったら郷に従えで、結局、スタンディングシャワーを利用しました(u_u)。
きっと皆さん、終日ここで過ごすんでしょうね。


ホカホカに温まったところで、ゴハンを食べに街に繰り出しました。
いろいろと迷ったのですが、案内ブックに出ていたこちらのお店に行くことに。
韓定食のお店「여명회관(ヨミョンフェグァン)」。



伺った時間が15時頃と中途半端だったので、店内は私一人。
しかも全て個室になっているお店なので、
なんだか気恥ずかしいような、気楽なような、なんとも微妙な感じです。



私は、영양돌솥밥(栄養釜飯定食)を注文。
ずらっ~とパンチャンが並びます。



釜飯と同時に味噌チゲと焼きサンマも出てきました♪
なんと釜飯の上には玉子の黄身。



これを混ぜ混ぜすると、釜が熱々なので
まるでチャーハンのような感じになって、メチャ旨でした~♪



地方に行って、地場の美味しいものを食べるのは本当に楽しいですよね(^∇^)
まさに旅の醍醐味です!


帰りにはお土産として、호두과자(ホドゥグァジャ)をGET~♪
ソウルでもよく見かける店舗ですが、このくるみ饅頭は隣駅の天安が本場なんです。



帰りのセマウル号のなかで、コーヒーと共に頂きました♪
幾つでも食べられる自分が怖いんですけど…^_^;



帰りの車窓から見た真っ赤な夕陽。
山に溶けていく夕陽をずっと眺めていると、
あぁ、いま旅をしているんだなぁ、と切々とします。




ソウルに行くと、いつもどこかふらっと遠くへ行きたくなります。
こちらはソウルからも比較的近く、日帰り旅でも十分楽しめるところでした♪
寒い季節だからこそ温泉の良さが身に沁みました。


次回は、是非、宿泊をして、
温泉のあとにビールを飲んで、ぷはぁっ~としたいと思います♪





スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | kNUhCMt2

    オンニの旅レポート大好きなんです^^
    いつも魅力的に興味を沸かせる文章力で素敵だなあと!!
    何よりもオンニが楽しんでいるのが伝わってきて、ワクワクしちゃいます!!

  2. minomi | URL | -

    Re: タイトルなし

    そんな褒めて頂くと恥ずかしいです。
    でも、行ったことの無い場所に旅するのって楽しいよね!
    私は一人でも比較的どこへでも行っちゃうのだけど、
    失敗したり間違えたりもしばしば。
    でも自分で計画して行くから、後々になってもよく覚えてるし
    またそれが楽しいんだよね。
    目指せ♪ちい散歩!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minomi2010.blog53.fc2.com/tb.php/308-2a1dc479
この記事へのトラックバック


最新記事