--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・담양(潭陽)

2012年01月10日 23:04

담양(潭陽)での名物郷土料理と言ったら、
竹料理か떡갈비(トッカルビ)ですよね♪

どちらも食べたかったのですが、なんせ一人旅。
両方が含まれている食事は二人前からが一般的です。
一人でも注文できるか、こちらのお店で聞いてみました。



떡갈비(トッカルビ)に付く보리밥(麦ゴハン)を
追加料金で대통밥(竹筒飯)に変えてくれるとのこと!
少し割高ですが、どうしても両方頂きたかったので
頼んでしまいました(^∇^)。

待ちに待った대통밥(竹筒飯)。



この紙を外してみると…。



栗やお豆などが入ったおこわになっています♪

そして、ジュージュー言いながら運ばれてきた떡갈비(トッカルビ)!!
もう音と匂いでノックアウト。美味しそうです~♪



一見ハンバーグのようですが、一口頂くとハンバーグとは全然違います。
お肉のミンチが粗く、ネギ等の野菜も入っていて甘くて食べやすい味!!
あぁ、とっても美味しいです(^∇^)。

しかし、このお料理の量。
あのぉ、一人なんですけど…(・_・;。




食後に向かったのは韓国竹博物館。



竹の種類(全く見分けがつきませんが…)や、竹工芸品が展示してあります。
1960~80年代の活気ある竹市場の様子がわかるミニチュアも。
こういうの解りやすくて大好きです♪




博物館の前には、何軒も竹工芸品屋さんが並んでいます。



実は竹製品の購入も旅の目的の一つでした。
5~6年前に仁川で買った竹ザルがとても良く、
機会があったら、また買いたいなぁと思っていたのです。

竹ザルを2個購入したお店のアジョシが
東京に語学留学されていたとのことで
とっても流暢な日本語で話しかけてきました。

アジョシに、「実はこれから隣村の순창고추장민속마을(淳昌コチュジャン民俗村)に
行きたいんだけどバスの時間が合わない」と相談すると、
アジョシがタクシーを呼んでくれ、値段交渉までしてくれました(^∇^)!!!!
おかげで安価で往復することが出来きました♪

순창고추장민속마을(淳昌コチュジャン民俗村)までタクシーで約20分程。
순창と言えば、あのコチュジャンで有名な「순창」。
トップブランドですよね!
民俗村に行く途中、순창の大きな工場も見つけました。





この民俗村。
まず村の入り口を入ると数十件の味噌屋さんが並んでいて、
まるでテーマパークのよう。
運転手さんは단지(団地)という表現をしていました。

運転手さんには30分位待って頂いて、味噌を買おうと村の中に入ったのですが
お店が多すぎて、どこで買えば良いのかわかりません(・_・;

インスピレーションで、こちらの門構えの立派なお店へ入ってみることに。



すご~い(^∇^)!! 甕がいっぱいです!
ドラマのワンシーンを見ているよう。



お店の中ではハルモニ達がニンニクや朝鮮人参を
黙々と丁寧に下準備をしています。
この様子を見ているだけで、商品に手間暇がかかっていることが
よ~くわかります。



こちらではいろいろと試食をさせて頂き、甕のなかも見せて頂いて
コチュジャンとテンジャンを購入しました(^∇^)。
ふふっ。大満足です♪♪

タクシーの運転手さんも優しい方で、담양(潭陽)までの帰り道すがら
アチコチ寄って私の写真まで撮ってくれました♪


なんとか時間までに광주(光州)の高速バスターミナルまで戻って来ました。
このバスターミナルから광주역(光州駅)まではタクシーで15分の距離。
少し時間があったので、路線バスに乗って向かうことにしました。

路線バスに乗って30分…。
まだ광주역(光州駅)に着かないのかなぁ、と不思議に思い
運転手さんに聞いたところ、とっくに駅を過ぎていたではありませんか!!
何故もっと早く言わないのか?と言われ、慌てて降りようとする私に
「待って。降りなくていいから。駅まで行ってあげるから。」と言って
いきなりUターンをし、スピードを上げはじめました。
……(・・?)
あのぉ、ちょっと、これ路線バスなんですけど…方向変えてもいいんですか?
いくら乗客が私だけだからといって、
いきなりUターンするなんて、さすが韓国です!!
停留所の1m手前でもドアを開けてくれない
都バスでは考えられませんよね。
本当にありがたく、おかげで無事にKTXにも乗車することができました。



今回の一人旅。
以前から담양(潭陽)には行きたかったのですが、
ちょっぴり行きにくい場所のために躊躇していました。
今回はソウルから日帰りの駆け足旅でしたが、
とりあえず行きたい場所には全部行くことが出来ました。
次回は温泉の方まで足をのばしてみたいと思います。





多くの人の優しさに触れた旅。
광주(光州)
담양(潭陽)
本当にありがとう!!





スポンサーサイト


コメント

  1. まろ | URL | lc7bE8lw

    ステキなエピソードですね!!

    路線バスなのに戻ってくれるなんて!
    日本じゃ映画かドラマくらいしかありえないですね~
    潭陽言ってみたいリストに追加させていただきました~!!

  2. minomi | URL | -

    Re: ステキなエピソードですね!!

    ◇まろさま

    ふふっ。そうですよね。
    日本ではありえませんよね。

    まろさん、是非、潭陽に行かれてみて下さい。
    釜山からの方が近そうですよね。
    ソウルからだと高速バスが一日2本しかなくて不便でした。
    是非是非~!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minomi2010.blog53.fc2.com/tb.php/189-53bfbf99
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。