성북동(城北洞)を歩いてきました♪

2011年03月06日 18:00

最近、とても真面目に勉強をしている私…。
日曜日くらいは少し息抜きをしたいなぁと思い、
성북동(城北洞)を歩いてきましたヽ(^o^)丿

성북동(城北洞)は北漢山の麓にあるところで、
朝鮮時代、都城の北側に位置していたので、この名が付いたのだそう。
ここには、都を守るために張り巡らされたソウル城郭が残っています。
その城郭沿いをお散歩したくて、向かいました。

新村から성북동(城北洞)の入口である漢城大入口まで、273番バスで一本。
日曜日は道路も乗客も空いていて良いですよね♪

DSC02928_convert_20110306163554.jpg

漢城大入口までは20分弱で到着しましたが、ここから城壁沿いを歩くにはかなりの上り坂。
そこでタクシーで高台にある와룡공원(臥龍公園)からスタートし、
城壁沿いを下りながらからお散歩することに♪

DSC02934_convert_20110306163833.jpg

高台にあるこの公園からソウルの街並みが一望できます。
今日は少し霞んでますね。

DSC02939_convert_20110306164008.jpg

ソウルの散策コースの途中にはよく運動器具がおいてあるのですが、
なんと体重、身長、肥満度の計測器も♪ 初めて見ました!!
もちろん測ってみましたよ~。

DSC02942_convert_20110306164128.jpg


これが城壁です。
これに沿って下っていきます。見晴らし抜群で気持ちいいヽ(^o^)丿

DSC02958_convert_20110306164411.jpg

高台から見下ろした城壁です。

DSC02972_convert_20110306165416.jpg

この石壁の石の積み方で作った時代がわかるのだそう。
こちらは粛宗(숙종)の時代、1704年に積まれたもの。

DSC02966_convert_20110306165257.jpg


ぶらぶらと歩いていたら、春を見つけました♪
確実に春がそこまでやってきているようですヽ(^o^)丿

DSC02989_convert_20110306170152.jpg

登山の恰好したグループにいっぱい出会いましたよ。
散策するには気持ちのよいロケーションですよね♪


そして街まで下がってきました。
성북동길(城北洞路)の北側は高級住宅街として有名な地域。
そして反対側の城郭に近い高台は、経済的に厳しい人々が住むという
달동네(タルトンネ)が、形成されています。
달동네(タルトンネ)とは、“月の街”という意味。
細く急な坂道に寄り添うように建つ家々。
月に近いことから、このようなロマンチックな名前が付けられています。

DSC02975_convert_20110306165743.jpg


そして、こちらは、ソウル屈指の“超”高級住宅街。
豪邸や高級ヴィラ、大使官邸が連なり、現代グループ会長邸や迎賓館、
サムスンのご一家、そして日本大使館邸もこの街にあります。
最近では、ペ・ヨンジュンが一軒家を購入したことでも有名になりました。
いくらお金があっても、この街の品格に合わない人は、住みにくいんだとか。

ここから先が高級住宅街。
この右側の石壁のお宅も本当に大きくて驚きました。
歩いている人など誰一人いないので、この先には進まず(というか進めず)
ささくさと戻ってきました…(-_-;)

DSC03044_convert_20110306172819.jpg


今日のランチはここ。선동보리밥(仙洞ポリパッ)。

DSC03001_convert_20110306175036.jpg

とにかく보리밥(ポリパッ)好きの私。
美味しいお店があれば、どこにでも出かけていきます♪
お店のお姉さんが、
「日本の方?初めてお店に来て下さったなら、보리밥(ポリパッ)をお勧めします。」とのこと。

は~い。もちろん(^o^)丿

DSC02996_convert_20110306174801.jpg

お味噌等の手作り感も際立って美味しい。
쌈(ご飯を包んで食べる料理)用として出された、茹で白菜の甘いこと!!
本当に美味しかったです♪♪

そして、食後のお茶はこちらのお店で。
수연산방(壽硯山房)。

DSC03036_convert_20110306172240.jpg

DSC03038_convert_20110306172358.jpg

近代小説家、李泰俊(イ・テジュン)の旧家を、そのまま活用した伝統茶店。
20世紀初頭の建築物で、ソウル市の民俗資料にも指定されているそうです。

DSC03032_convert_20110306171922.jpg

李泰俊(イ・テジュン)は、この家で1933年から1946年まで暮らし、
多くの文学作品を執筆したとのこと。
内部も含め建物にはほとんど手が加えられていないため、
当時に限りなく近い姿をしているそうです。

DSC03008_convert_20110306171046.jpg

私は春らしく매화차(梅茶)と복분자인절미(野いちご餅)を頂きました♪
お口の中で甘酸っぱい春の香りが満載です。

DSC03016_convert_20110306171738.jpg


お腹がいっぱいになりすぎて、ぶらぶら歩いていると、
한상대입구역(漢城大入口駅)のそばに、こんなソーセージ屋さんを発見!!
こちらで、こんな軽井沢にあるようなお店があるとは。

DSC03047_convert_20110306172929.jpg

韓牛を始め、ソーセージやハムなどが売っています。
日本では珍しい牛のウインナーもありました。

私は食べ慣れている豚のウインナーを買ってみました♪
もちろんビールのお伴ですヽ(^o^)丿

DSC03048_convert_20110306173054.jpg



初めての街をゆっくり歩くのは楽しいですね。
城北洞は文化人達の旧家が多いのも特徴のひとつ。
そんな時代に思いを馳せながら歩く、
楽しいひとときでした♪




今回は「旅。ソウルと美味しい町の地元ごはん100軒」に
出ていた地図を参考に散策してみました♪

61mdWtMVOHL__SL500_AA300__convert_20110306180424.jpg



-追記- 2011.3.8
購入したウインナーを食べてみました♪
沸騰したお湯のなかで2分程度茹でるように言われたので、
その通りにして頂いたのですが、スモークの味が強くて、
なかなかに美味しいウインナーでした♪♪
“미소 뜨레”というお店。地下鉄4号線「漢城大入口駅」6番出口の近くです。






スポンサーサイト


コメント

  1. けいこ | URL | -

    おはようございます。
    城北洞は、今度韓国に行ったら行ってみたいと思っていました。
    城壁なんですよね、水原もそうですものね。
    万里の長城も城壁ですよね。
    うーん、歴史ですね。
    でも、やっぱり興味あるのはオンニが何を食べのかということですv-411

  2. minomi | URL | -

    Re: タイトルなし

    けいこさま

    是非、城北洞へ行って見て下さい♪♪

    最近すごいなぁと思うのは、日本で販売されているソウル観光本のマニアックなことです。
    韓国人の友人や学校の先生に「城北洞へ散歩に行ってきた」と言うと、
    大体の場所はわかるものの、足を運んだことのある韓国人はいませんでした。
    現地の人にとってみたら「どうしてそこにわざわざ行くの?何があるの?」という感じがするのでしょうね。

    ソウル観光本も飽和状態で、明洞や仁寺洞等々の場所は
    すでに新鮮味が無く、飽きられてしまっているのでしょう。
    韓国の地方もどんどん紹介されていますしね♪
    本屋さんに行くたびに、韓国とハワイの観光本の加速にいつも驚く私です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minomi2010.blog53.fc2.com/tb.php/101-47b90f6c
この記事へのトラックバック


最新記事