秋夕(チュソク)で、ソンピョン(松餅)づくり♪

2017年10月04日 23:02

アンニョンハセヨ~。

今日は、韓国では秋夕(チュソク)でしたね!
10月2日が臨時祝日に指定されたことで、今年の秋夕は最大10日間の大型連休。
取引先の企業もお休みに入るため、秋夕前はバッタバタの忙しさでした(泣)。

秋夕の代表的な食べ物といえば、
やっぱり「ソンピョン(松餅)」。

米粉を使って、なかに蜜や小豆を入れて蒸した小さなお餅です。

実は、秋夕の今日、韓国料理で有名な趙善玉(チョ・ソンオク)先生の
お弟子さんから、ソンピョン(松餅)作りを学びました♪
先生の学校は以前、代官山にありましたが、いまは新大久保に移転しています。

韓国挽きの米粉を使って、こねこねしたのですが、
作業は好きなくせに、なんとも不器用…(>_<)。
形作るのも弾力があってちょっと苦戦(笑)。
なんとか、代表的なアサリの形のほかに、いくつかのカタチにチャレンジしてみました。

そして、たくさんの松の葉を敷き詰めた蒸し器に入れて蒸すこと15分。

P_20171004_201356_vHDR_Auto_convert_20171005164753.jpg

出来上がりました~。

P_20171004_203407_vHDR_Auto_convert_20171005164819.jpg

韓国のお餅屋さんで、よく見かけるソンピョン(松餅)とは少し違いますが 、
これはこれで楽しいし、味も良かったです♪

私の作品~。

P_20171004_203826_vHDR_Auto_convert_20171005164843.jpg

やっぱり上野代表としては、今をときめくパンダでしょう。
色は逆転してますけど…(笑)。


受講生7人でソンピョン(松餅)を頂きながら、
日本で秋夕を体感したとっても楽しい時間でした。

留学時代の友人が本格的にお餅の先生なので、
今度習ってみたいなぁと、密かに狙っています♪






スポンサーサイト

憧れの戸田郁子さん。

2016年11月03日 20:36

昨日の東京は久しぶりにポカポカ陽気でしたね!

神田神保町では、神田古本まつりが開かれ
とっても賑わっていました♪
とにかくスゴイ人出。

歩いては本を片手に取り、吟味し、また次のお店に向かう。
あぁ~皆さんとても楽しそう!本好きにはたまりません。



そんななか、チェッコリでは、私の尊敬すべき方、
戸田郁子さんを招いてのイベントが開催されました♪

チェッコリ店内は20~30人しか入らないため、
急遽60人規模のスペースへ会場変更。
それでもキャンセル待ちの方が続出したそうです。
もちろん私も早めに申し込みをし、当日も最前列の席をGET(笑)!
だって目が悪いから…(>_<)

初めてのナマ戸田郁子さんw
画像が粗くてすみません。



1983年、延世、高麗大への留学時に始められたウッチャ通信から
作家・翻訳家になるまでの興味深いお話をして下さいました。
戸田さんと言えば、いまは無き「スッカラ」に、
ハングルに関するコラムを連載されていて、
それがすごく面白くて、毎号楽しみにしていました!
少し硬い文筆の中にもユーモアが溢れていて、
何より話が生活に密着していてるところが魅力。
いつも「すごい人だなぁ~」と唸っておりましたw

最後はチェッコリの店長さんとの会談も!



その戸田さんが最近翻訳されたコチラの本。
世界最強の囲碁棋士「曺薫鉉の考え方」。
韓国でもベストセラーになりました!



韓国の小説などには珍しく、センテンスが短くて
説得力に溢れていて、囲碁に興味が無くても十分楽しめる本です。

サインも頂いちゃいましたヽ(^o^)丿



戸田さんにお会いして、全ての本を読んでみたくなってしまい、
イベント会場を後にしたとたん、Amazonでこんなに大人買い(笑)
中古本なのでリーズナブル。



しばらくは読書の秋〜♪
文化の日に相応しい一日となりました。




外国語表示板の誤表記訂正キャンペーン実施!

2016年10月07日 12:56

ソウルへ行く前日、こんな記事を見つけました!

chousennnippou_convert_20161008125516.jpg

※朝鮮日報からお借りしました。


ソウルの主要交通網や観光地で
外国語の誤表記を見つけ、訂正していこうというキャンペーン!



延世大の語学堂に通う、英語・中国語・日本語を母国語とする
留学生たちも現地点検団として繰り出すのだそう。

えっ~、すごく面白そう!!
私が在学しているとき、是非やって欲しかった企画ですw。

街中に溢れる、あんな表記や、こんな表記…。
母国語の人にちょっと確認するだけで間違えずに済むのに、
当時は、なぜ?なぜ?って、不思議だったんですよね。

でも、それらも慣れてくると、思わずクスッと笑える。

誤表記がなくなることは良いことですが、
もう、そんなクスッが減っちゃうと思うと、
ちょっぴり寂しいような気もします。



黒田福美さんの韓国ぐるぐる。

2016年08月01日 15:21

7月半ば、チェッコリで開かれた黒田福美さんのイベントに行ってきました♪

黒田さんと言えば、有名な女優さんですが、
まだ「韓流」という言葉さえ存在しない1980年代、
韓国に魅了され、その体験書を出版された、まさに日韓架け橋の第一人者。
その書籍は「ソウルマイハート」。

韓国好きの方なら、一度は手に取ったことがある本だと思います。
(残念ながら既に廃刊となっているのだそう。黒田さん、何度も「Amazonで1円で買えますよ~」と仰っていました(笑))


50人以上の参加者で店内はギッシリ。
私はラッキーなことに前から2番目の端席を陣取りことが出来ました^^。

16070902_convert_20160802001719.jpg
チェッコリさんからお借りしました。

今回はBOOKCAFEのチェッコリで行うということもあり、
「自分と本を通じた韓国」がテーマ。
今まで黒田さんが関わった本がズラリ。
こんなに書かれていらっしゃるんですね~。

16070903_convert_20160802001802.jpg
チェッコリさんからお借りしました。

講演も数多くされていらっしゃると思いますが、
お話が明瞭で、的確で、ツボをしっかりと押さえられていて、とっても上手。
すっかり黒田ワールドに引き込まれてしまいました。

いやぁ~、本当に面白かったです!!

黒田さんのモットーは自分の目から見た韓国を記すこと。
お店も全て自分で廻り、食べ、聞き取りをし、写真を撮る。
だから、二次的、三次的な記事は無いんです。
そういう意味でも、他のガイドブックには無い、新たな発見や魅力もいっぱいです。


最後に、購入した本にサインを頂きました~。
この1~2分の間に、「地方はどこに行きましたか??」などなど、
気さくに声をかけて頂き、感激♪



それにしても、お綺麗。
そして、達筆~!!

IMG_3133_convert_20160802155423.jpg

お話を聞きながら、私も「目指せ、ちい散歩!」を復活させたいなぁと
心の底からウズウズしてしまいました~。

あぁ、行きたい韓国・・・。



買っちゃいました!

2016年06月06日 19:00

韓国語学習ジャーナルhanaの
himeさんの記事にも掲載されていた
「5年後の私にQ&A a day」。

私の勤めている会社でも取り扱っているので、
ついに買っちゃいましたヽ(^o^)丿



2010年に出版された、この5年間日記帳。
な・なんとAmazonでは250週連続でベストセラーに輝いた代物。
コチラはその韓国版です。
(日本版も出版されてます)

実は、先月、ソウルに行ったときに、教保文庫では
週間ベストセラー4位にランクインされていました!!

思わず、「おおっー。」と雄叫び。

でも、その場では買わずに、帰国してから会社を通して購入。
だって、そっちのほうが安いから(笑)


中はこんな感じです。
今日のページを開いてみると・・・。



1日1個の質問に、5年間答えていくという日記。
記入スペースが少ないので、書きやすいというのも魅力の一つ!

さてさて、今日の質問は…??



「가족 중 가장 가까운 사람은?」
(家族のなかで最も近い人は?)

う~ん。毎年同じ答えになっちゃいそう(笑)。
勉強がてら、韓国語でトライしようと思ってます。

さてさて、どのくらい続けることができのるか…。
乞うご期待!








最新記事