--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇萊浦口魚市場。

2017年03月20日 16:16

先週土曜日のニュース。

仁川にある蘇萊浦口魚市場で火災があり、
332店舗のうち、220店舗が焼失したとの報道にビックリしました!

2017031800660_8_convert_20170320131714.jpg
※画像をお借りしました

コチラは仁川では古い魚市場。
あぁ、昨年の秋に行ったばかりなのに…。

DSC_7897_convert_20170320161812.jpg

狭いけれど、とてもノスタルジックな市場で
大好きな雰囲気だったのに(涙)。
上の画像の右半分が燃えてしまった…ということですね。

変圧器の容量不足などが原因とのこと。
韓国では在来市場での火災は多く、この5年間で51件もあったとか。
今年の1月に起こった麗水の水産市場の火災では、
電線数十本がひとつのコンセントにつながれていて、
過負荷を防ぐ配電盤は設置されていなかったそうです。

怖いですねぇ。日本ではちょっとありえないけれど…。




スポンサーサイト

大好きなマッコリ。

2017年01月14日 16:15

以前にもブログに書きましたが、
このマッコリが本当に美味しくて
この年末年始に、バラバラと8本も買ってしまいました(>_<)

복순도가(福順都家)

マッコリ

炭酸がすごいので、ゆっくり1mmづつあけて
下に溜まった乳酸菌がぶぁっ~と上がってくる、この感じが好きです!
生きてる、って感じの生マッコリ。

いつも頼んでいるせいか、
すっかり日本販売担当の方と仲良くなりました(笑)。

先日は、届けられた段ボールの中に、
マッコリ杯が入っていました!
白磁で素敵!



裏にネーム入り。



このマッコリ、できればウチの会社で売りたいなぁ。
そうしたら配送料もかからないのに…
な~んて思ったりしている私です。



慶尚北道のトラベル応援マガジン。

2017年01月09日 23:18

慶尚北道のトラベル応援マガジン
「GB-Story」



GBは“Gyeongsangbuk-do”の略。
歴史・文化・人の魅力を発信しながら、慶尚北道の旅を提案するマガジンなのだそう。
発行は慶尚北道。
しかも無料なんです(笑)

慶尚北道っていえば安東や慶州などが有名な観光地ですが、
コチラは普通の旅行ガイドブックとは違っていて、
もっと知らないワールドが繰り広げられおり、
地方好きにとってはたまらない一冊となっています。
深くて広い感じ!

例えば、vol.2では、ずっと気になっていた義州のニンニクの名声についてや、
vol.3では、私の大好きな干し柿の名産地、尚州の特集など、
どのページを見ても興味深くて、トランク引いて、すぐに出発したくなる(笑)。
サトゥリ講座やお土産図鑑なども笑えます~。

書き手は、慶尚北道広報大使の八田靖史さんやジャヨンミさんなどなど。

広報大使の方々がきちんと取材されていて、
しかも行政がバックアップしているので、記事も確か。
こういう本、各地域でもっと増えてくれたらいいのにな。

コチラの本は韓国観光公社や、韓国文化院、チェッコリなどで
在庫限りで配布されています!
vol.3は年明けからの配布されたので、まだ間に合うかも。

ご興味のある方は、是非ご覧になってみてくださいね!!




憧れの戸田郁子さん。

2016年11月03日 20:36

昨日の東京は久しぶりにポカポカ陽気でしたね!

神田神保町では、神田古本まつりが開かれ
とっても賑わっていました♪
とにかくスゴイ人出。

歩いては本を片手に取り、吟味し、また次のお店に向かう。
あぁ~皆さんとても楽しそう!本好きにはたまりません。



そんななか、チェッコリでは、私の尊敬すべき方、
戸田郁子さんを招いてのイベントが開催されました♪

チェッコリ店内は20~30人しか入らないため、
急遽60人規模のスペースへ会場変更。
それでもキャンセル待ちの方が続出したそうです。
もちろん私も早めに申し込みをし、当日も最前列の席をGET(笑)!
だって目が悪いから…(>_<)

初めてのナマ戸田郁子さんw
画像が粗くてすみません。



1983年、延世、高麗大への留学時に始められたウッチャ通信から
作家・翻訳家になるまでの興味深いお話をして下さいました。
戸田さんと言えば、いまは無き「スッカラ」に、
ハングルに関するコラムを連載されていて、
それがすごく面白くて、毎号楽しみにしていました!
少し硬い文筆の中にもユーモアが溢れていて、
何より話が生活に密着していてるところが魅力。
いつも「すごい人だなぁ~」と唸っておりましたw

最後はチェッコリの店長さんとの会談も!



その戸田さんが最近翻訳されたコチラの本。
世界最強の囲碁棋士「曺薫鉉の考え方」。
韓国でもベストセラーになりました!



韓国の小説などには珍しく、センテンスが短くて
説得力に溢れていて、囲碁に興味が無くても十分楽しめる本です。

サインも頂いちゃいましたヽ(^o^)丿



戸田さんにお会いして、全ての本を読んでみたくなってしまい、
イベント会場を後にしたとたん、Amazonでこんなに大人買い(笑)
中古本なのでリーズナブル。



しばらくは読書の秋〜♪
文化の日に相応しい一日となりました。




中部市場のゴマ油。

2016年10月30日 13:28

韓国に行くと必ず買うもののひとつ、ゴマ油♪

いつもは京東市場の決まったお店で買うのですが、
今回はホテルに近い中部市場をのぞいてみました。
アチコチ、ゴマ油を売るお店はありましたが、
今回はコチラで。

 「충북 기름집(忠北ゴマ油店)」

20160926_021816561_iOS_convert_20161030123027.jpg

お店のサイン表示のところに、優良店のマークが見えます。

軒先には、中国産のゴマ油やエゴマ油が置かれているのは、
どこのお店でも同じですね。

20160926_021818829_iOS_convert_20161030123131.jpg

アジュンマに、「韓国産のゴマ油くださいー。」とお願いしたら、
「いま絞ったばかりよ。」と言って、大きなビンから1本ビンへ
油を移し替えてくれました。
あぁ~。めっちゃいい香り。

20161002_015603620_iOS_convert_20161030123259.jpg

2017年9月25日

賞味期限は1年間。
日付も手書きで入れてくれて安心感UPです↑↑(笑)

そしてビンの裏側には、こんな認定証が貼られていました。

20161002_015615796_iOS_convert_20161030123354.jpg

ソウル市から認定を受けている安心安全なゴマ油ということでしょうか。
なんだかますます安心感が…。
中国産に比べて約3倍のお値段がしますが、
たまに買うのですから、いいですよね。


お店の場所をお知らせします♪
新しくキレイになったアーケードのある中央通りをしばらく歩いて、
右側を曲ると、その道の左側にお店があります。
曲がる場所はコチラ。

20160926_022338351_iOS_convert_20161030123627.jpg

この路地を入っていくと、ゴマ油の良い香りがしてくるはずですよ~。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。